• Milestones

Student Testimonial - Minori Tanaka from Japan


Minori Tanaka

留学期間


48週間

ビザの種類


学生ビザ

コース


IELTS/大学進学+一般英語


――留学を決意したキッカケを教えてください

もともと日本で数年間、看護師をしていましたが、20代後半で留学することにしました。長く看護師をやっていたのもあり、オーストラリアで少しゆっくりしようと思って。最初は1年くらいオーストラリアで生活しようかなくらいだったのが、気づけば居心地が良くてもう住み着いてしまいましたが…。


――全体的に、マイルストーンズはどうでしたか?

 わりと南米やブラジルの人が多いのでとても陽気で明るい人が多いと感じましたね。なので、とてもアットホーム。クラスメイトともよくおしゃべりしたりと雰囲気が良かったです。私はIELTSから一般英語コースに変わったのですが、クラスが変わったときにクラスメイトがすぐに話しかけてくれるので緊張もあまりしませんでした。とにかく友達ができやすくて、仲良くなりやすいですね。悩みがあるときも気軽に相談できてよかったなと思います。またマイルストーンズではExcursionという課外授業があるので、クラスでなかなか話すことができない人もそこで仲良くなったりしますね。時々、海外のクラスメイトからその国特有のダンスを教えてもらったりしてました。笑


――コースの内容と印象に残った授業を教えてください

まずIELTS/大学進学コースについてですが、とにかく最初にテクニックを叩き込んでくれます。特に、リーディングの読み方、なかなか高得点がとりずらいグラフなどの描写の仕方などを教えてくれたのは助かりました。また、ライティング、リーディング、リスニング…というようにジャンルごとの模試が


頻繁にあります。スピーキングはグループに分かれてとにかくしゃべるという感じで、生徒同士で試験官役などやりつつ、先生のチェックも入ります。

そして一般英語コースに関しては、基礎的なことを細かく、丁寧に教えてくれるスタイルです。IELTSの時は周りのレベルが高いのでクラスはどんどん進んでいきますが、一般英語はでは先生がわからないところは丁寧に教えてくれるので少しずつステップアップすることができました。また、先生が経験も多く、外国人に教え慣れているのでわからない部分を先読みして教えてくれるのがすごいなと思いました。


その先生はスペイン語とフランス語も話せるようで、語学に堪能なのでどのように語学力を伸ばしたらいいかをポイントを抑えて教えてくれるのがよかったです。英語の学習だけではなく、オーストラリアとの文化の違いの話をしてくれたり、海外留学している生徒の興味のある話をしてくれたので楽しく勉強できました。私のクラスはみんなでホリデー中の過ごし方や自分の国のお祭り、お正月の話などをして和気あいあいとした雰囲気の中で勉強することができました。


――参加した学校イベント

11月にあったハロウィーンパーティーに参加しました。ハロウィーンパーティーでは全校生徒が集まって、ピザを食べたりジュースを飲んだりと盛り上がりました。また、Excursion(課外授業)では1970年代のメルボルン美術館の展示を見に行ったのもいい思い出です。先生がその美術館の見どころが書かれたシートを準備していてくれて、それを見ながら回りました。その際に、何が現在のメルボルンと違うのか?といったことをトピックとして授業で話し合ったりと楽しく学ぶことができました。


――留学生活、プライベートで頑張ったこと

 メルボルン留学中は、現地の日本食レストランでアルバイトをしていました。というのもウエイトレスではなくキッチンで働いたので最初は大変でしたが、やっていくうちに慣れてきて楽になりました。もちろん日本ではキッチン経験がなかったのですが、どうせならやったことのないことをしようと思い、初めてオーストラリアでキッチンデビューしました。英語はともかく、料理がうまくなったのでやってよかったと思いました。笑 

また、オーストラリア人オーナーのシェアハウスに住んでいます。ハウスメイトは外国人なので、一緒に住んでずっと英語で話しています。オーナーさんが特に優しくて、母親みたいに接してくれるのでとても居心地がいいです。最初はオーストラリア人のアクセントになれるのが大変でしたが、いまではだいたい聞き取れるようになったのが自分の中で大きな進歩だと思っています。


MINORIさん留学中/1日のスケジュール

7時半

起床

9時~1時半

学校

13時半~14時半

ランチ、友達とお茶

14時半~17時

自由時間

17時~22時

日本食レストランでアルバイト

23時~

就寝


先月末はマイルストーンズのクラスメイトと一緒にグランピアンズという観光地にも行きました。自然に圧倒されましたが、とても楽しかったです。


――留学して、自分の中で変わったこと

留学して変わったことといえば、こっちに来てからは何か問題が起こっても、まずは自分で解決しようと思えるようになったことですね。日本にいたときは、きっと今よりも依存的で周囲にどうにかしてもらおうと考えることも多かったのですがオーストラリアでは自分で何とかしないと生きていけない!と思ったことから、何でも自分である程度解決できるようになりました。

それに、いろんなことに対して寛容になったと思います。オーストラリアは日本みたいに時間ピッタリには電車は来ないし、待ち合わせした外国人の友達も平気で遅れてくるので…日本ではきっちしていたんですがこっちに来てからはいい意味でイージーゴーイングになったというか。

 英語力に関しても、自分ではっきり実感できるくらい伸びたと思います。最初は周りの人が何言っているかまったくわからなかったんですが、電車やトラムに乗っていると、何を話しているのかがわかるようになったんです。特に実感しているのは、リスニング力ですね。かなり伸びたかなと思います。


――帰国後(コース終了後)はどうやって英語力を生かしたいですか?

 マイルストーンズを卒業後は、IELTSのスコアを取って大学の看護科に進学予定です。日本で8年くらい看護師として働いていたこともあり、オーストラリアで看護師をするのもいいかなと思って進学することにしました。日本と違うところは、オーストラリアは休暇が長いこともあり働きやすい環境だと思ったからです。また、いろいろな人種の人がいるのでどうせ働くなら、オーストラリアのほうが楽しいかなと思って。将来はオーストラリアの永住権を取りたいので、もっと勉強していい看護師になりたいですね。

以上がMinoriさんの留学体験談でした。しっかりものでありながら、フレンドリーな雰囲気なMinoriさんならきっと素敵な看護師さんになれることでしょう!ありがとうございました。